全国邪馬台国連絡協議会 全国大会 地区大会 その他大会等


			

    個人正会員の皆様は大会の全動画をネットで視聴できます(大会より後日、ビデオをネットで配信します)。
                   大会動画は正会員専用のメールマガジンからアクセスして下さい。

			<これから実施する大会>



         
2016年5月22日 第3回東京地区大会 日 時 : 平成28年5月22日(日) 12:30受付開始、13:00スタート        場 所 : 品川区立総合区民会館きゅりあんイベントホール (先着順/定員270人) 品川区東大井5-18-1 電話03-5479-4100   JR京浜東北線、地下鉄りんかい線、東急大井町線「大井町」駅徒歩1分 参加費 : 一般1500円、会員1200円、学生1000円                    テーマ : 『邪馬台国X気候変動』               気候変動が文明の盛衰に与えた影響を科学的に解明する   第1部 13:15~14:45 田家康先生(日本気象予報士会東京支部長) 「気候文明史」世界を変えた8万年の攻防から日本古代史を考察する                                           <田家(たんげ)先生の言葉>              1980年代以降、古気候学の分析手法は飛躍的に進歩した。樹木の年輪幅や地層に含まれる              花粉分析による気温推定等に対し海底・湖底の堆積物やグリーンランド・南極の氷の柱を              採取し、その中の酸素や炭素の同位体等を利用することで、より詳細な解析が可能となった。              かくして古気候学の成果は考古学や文献的な史料と比較検証するレベルに達した。果たして              古代史の姿はどのように確認され、あるいは変貌したのだろうか。寒冷化、温暖化、干ばつ、              火山噴火・・。歴史的エポックの背景に隠される気象の影響を読み解きます。                 第2部 15:00~16:30 西川寿勝先生(大阪府教育委員会) 『魏志』倭人伝に記された倭国乱と気候変動             <西川先生の言葉>              古墳時代は弥生時代の社会発展の上に成立すると考えられます。ところが、池上・曽根遺跡              など、弥生時代を代表する環濠集落は、弥生時代の内に衰退し、古墳時代まで継続しません。              両時代の境目は、『魏志』倭人伝に記された卑弥呼の時代とされ、「倭国乱」という、社会              変動が記されます。              その他、中国や半島の史料には、西暦190年代に大飢饉が記され、記紀には崇神天皇の時代に              大飢饉があったと記します。古墳時代の開始年代を明らかにし、考古学や理化学研究の応用              で整合できれば、古墳時代の社会成立の謎が解明できるかもしれません。
 2016年6月4日(土)全国邪馬台国連絡協議会第3回九州地区大会 「倭人伝の国々~王たちの登場~」 日時:平成28年6月4日(土)10:00~16:30(開場9:30) 場所:九州国立博物館・ミュージアムホール(定員288名)     (〒818-0118福岡県太宰府市石坂4-7-2) 共同主催:全国邪馬台国連絡協議会九州支部、ふくおかアジア文化塾      九州・アジア文化芸術フォーラム 後援:九州国立博物館、福岡県文化団体連合会、太宰府市教育委員会、太宰府市文化協会 協賛:太宰府天満宮、(株)原書房、(株)梓書院、(株)海鳥社 講演会受講料:2,000円(資料代含・お支払は当日受付にて)・会員1,500円・高校生以下無料 ① 講演:大野城市教育委員会 澤田康夫氏(10:05~11:00)      「奴国の王」 ② 講演:伊都国歴史博物館 岡部裕敏氏(11:05~12:00)      「伊都国の王」 ③ 講演:朝倉市教育委員会 川端正夫氏(13:00~13:55) 「朝倉の王」 ④ 講演:八女市教育委員会 壇 佳克氏(14:00~14:55)      「倭人伝の時代の南筑後」 ⑤ 講演:旭学園理事長 高島忠平氏(15:001~16:00)      「邪馬台国と地域国家」 ○懇親会(希望者)6,000円 ○6月5日(日)バスツアー(定員25名)7,000円  板付遺跡~裂田溝(那珂川町)~伊都国歴史博物館(糸島市)~平原遺跡~鎮懐石八幡宮(糸島市)等
 2016年6月18日(土) 横浜の歴史探索会  横浜市の磯子区に「三殿台遺跡」という縄文時代から古墳時代にかけての複合遺跡があります。 当遺跡を中心として磯子区・南区付近には意外と知られていませんが 現代にいたるまでの歴史史跡・宗教施設が驚くほど密集して存在しています。 今回の歴史散策会では、「三殿台遺跡」を中心としてこれらの施設を見学します。  「三殿台遺跡」は高台にあり、四方を見渡すことができます。 「三殿台遺跡」の概要報告は、神奈川県の考古学で活躍されている西川修一先生が遺跡の近くにある松島旅館で行ないます。  当旅館は明治17年創業で、横浜で唯一残っている料理旅館です。   当旅館での昼食後、「三殿台遺跡」の見学となります。  日程 6月18日(土) 10時~17時終了予定  集合 京浜急行「弘明寺駅」改札10時 (横浜駅から京浜急行各駅停車で6つ目、急行で3つ目・横浜市営地下鉄の「弘明寺駅」とは別)  会費 3000円(全国邪馬台国連絡協議会会員は2500円)     講演ガイド料・松島旅館での昼食代を含む     現地までの交通費・地下鉄代(弘明寺~蒔田)200円は各自負担   スケジュール   集合 10時(受付は9時半から)雨天決行(コースの変更あり)   ①弘明寺(横浜市最古の寺)見学。地下鉄で蒔田へ移動。   ②無量寺(源頼朝の子孫の寺)   ③松島旅館にて西川先生の講演・昼食   ④勝国寺(裏山が蒔田城・吉良一族ゆかりの寺)   ⑤三殿台遺跡(縄文~古墳の複合遺跡)   ⑥岡村天満宮(歌手ゆずの壁画が有名)   ⑦龍珠院(伝説の龍の珠がある寺)   ⑧真照寺(平子氏と平安時代後期の毘沙門天像が有名)解散 17時  コーディネーター・講師    三殿台遺跡・・・・・・・西川修一氏、古屋三殿台考古館館長    平安から南北朝時代・・・竹村理事    吉良氏関係    ・・・島田松島旅館女将    宗教・パワースポット・・菊池事務局長  予約 松島旅館 全ヤマレン歴史探索会受付 045-731-2720  ・松島旅館に宿泊の会員の方は宿泊料が500円割引となります。予約時にお申しでください。
 2016年10月29日(土)全国邪馬台国連絡協議会第3回全国大会           ・・・中四国大会 in米子・・・ 日時:2016年10月29日(土)13:00~ 場所:米子市文化ホール メインテーマ:   「日本古代史研究のリスタート(再出発)」    →全国邪馬台国連絡協議会の設立の意義と目的を改めて明らかにし、今後の古代史研究のあり方についての問題提起を行う 企画内容(第1日目):   第1講演「日本古代史研究のリスタート」    田中文也:全国邪馬台国連絡協議会副会長    →全国邪馬台国連絡協議会の設立の意義と目的を改めて明らかにし、今後の古代史研究のあり方についての問題提起を行う   第2講演「日本旧石器研究のリスタート」    成瀬敏郎:兵庫教育大学名誉教授、砂原遺跡発見者    →ゴッドハンド問題で一時途絶えた旧石器研究を、新たに山陰からリスタートするための報告と問題提起を行う   第3講演「考古資料から読み解く記紀と風土記」    松本岩雄:島根県八雲立つ風土記の丘所    →山陰地方の豊富な考古資料から、記紀・風土記など、日本古代史の全体像を明らかにして、問題提起を行う 企画内容(第2日目):   古代史検証ツアー:記紀の現場を歩く   「高天原~高千穂~葦原中国~根堅洲国~黄泉の国をめぐるツアー」など 大会規模:   目標:500名、県外より150名、懇親会100名、ツアー100名、他   大会一般:2,000円、会員:1,500円、懇親会:5,000円 その他、宿泊とツアー等はセットで代理店に委託する 組織:実行委員会方式による   山陰古代史研究会を核に、連携する各団体によって構成する (八頭町郷土歴史研究会、河原城風土資産研究会、東郷歴史研究会、蒜山高天原ロマンの会、 比婆山のロマンの会、社ガール、その他の団体)当日各団体ごとのブースを設置し広く宣伝を行う
<今までに実施した大会>      個人正会員の皆様は大会の全動画をネットで視聴できます(大会より後日、ビデオをネットで配信します)。 大会動画は正会員専用のメールマガジンからアクセスして下さい。
         
2016年3月21日(月・祝) 第2回会員研究発表大会、ほか特別報告                                      全国邪馬台国連絡協議会の第2回会員研究発表会の発表者6名とスケジュールの詳細が以下のように決定しました。       この場を借りて、鷲崎会長による三角縁神獣鏡実見報告も併せて行います。       日時:平成28年3月21日(月・祝) 午後1:00から4:55頃まで       場所:「三田いきいきプラザ」 集会室A  電話:03-3452-9421       住所:港区芝四丁目1番17号       交通:地下鉄三田線・浅草線 三田駅 A9番出口 徒歩1分          JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口 徒歩8分          地図 http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html        ・問合せメール、電話: 河原(UHH52172@nifty.com) (090-1201-5200)                    13:00 開場 主催者挨拶        13:10 梨目 正: 阿波説         13:40 角田彰男: 古墳発生論        14:10 大下 巌: 九州説        14:40 休憩        15:00 尾関 郁: 倭国・大倭国戦争論        15:30 槌田鉄男: 騎馬民族征服説        16:00 前田 豊: 邪馬台国「東三河説」        16:30 鷲崎会長: 三角縁神獣鏡実見特別報告           昨年11月下旬、中国洛陽出土と報じられた三角縁神獣鏡の見学に西川寿勝氏と訪中し、           河南省鄭州で日本人として初めてこの鏡を実見した。21日は、鏡を実見した時の状況、           鏡の状態、感想などを報告する。        16:45 質疑応答        16:55 閉会 懇親会へ           紙上参加:河野俊章 『古日向邪馬台国』(著書を当日進呈!)             ・当日の聴講は会員・非会員ともに無料です。奮ってご参加ください。       ・終了後に懇親会を開催します。懇親会だけの参加も歓迎します。 2016年2月13日 第1回狗奴国サミットin沼津                               高尾山古墳と狗奴国の魅力を知る 狗奴国は邪馬台国と同様に日本国の起源として重要であるにも関わらず、あまり注目されていません。 邪馬台国に関しては畿内説と九州説が長年に渡って論争が行なわれていますが、狗奴国については         なされていません。狗奴国の関心を高めることをねらいとして、全国の狗奴国の候補地を中心に        「狗奴国サミット」を企画しました。 第1回目は高尾山古墳の保存で注目を浴びている沼津市で開催します。 【お知らせとお詫び】この大会で大塚初重先生は基調講演を予定しておりました。ところが、体調不良         のため入院され、回復されてきておりますが、2月13日の沼津大会での講演は無理なので辞退する         との連絡が先生からありました。残念ですが、今回は紙上参加となります(大塚先生の講演原稿は既に         頂戴していますので資料集には掲載致します)(記:2016年1月30日)。 日 時 2月13日(土)13時~16時半 場 所 沼津市民文化センター小ホール(定員526人)沼津市御幸町15-1  沼津駅(南口)から徒歩約15分(市役所近く)・高尾山古墳から約4キロ 会 費 800円(全国邪馬台国連絡協議会会員は600円)高校生以下は無料 受 付 当日受付(先着順) 開 演 13時(受付開始12時から) 内 容 第1部高尾山古墳の魅力について―東日本の古墳時代の幕開け―   概要説明 現地ボランティア 基調講演   大塚初重先生講演(明治大学名誉教授・元日本考古学協会会長)⇒体調不良のため紙上参加となります。 「高尾山古墳の重要性」   原秀三郎先生講演(静岡大学名誉教授・元沼津市史編纂委員長) 「高尾山古墳に葬られたのは誰か―日本史上に占めるスルガ高尾山古墳の歴史的位置―」 第2部 狗奴国サミット 基調講演   森岡秀人先生講演(奈良県立橿原考古学研究所共同研究員・元日本考古学協会理事) 「邪馬台国と狗奴国―その領域問題をめぐる考古学論争―」 2.研究発表大会   ①狗奴国東海説・・前田豊氏(先古代史の会会長)   ②狗奴国大和説・・若井正一氏(掛川市・袋井市中東遠総合医療センター副院長)   ③狗奴国熊本説・・菊池秀夫氏(九州の歴史と文化を楽しむ会会長) 主催 全国邪馬台国連絡協議会 連携団体 歴史研究会(全国歴史研究会) 後援 沼津市 沼津市教育委員会 協力 日本家系図学会

2015年11月29日 全国邪馬台国連絡協議会第2回全国大会                                 「邪馬台国全国大会in福岡」~久留米から邪馬台国が見える~ 個人正会員の皆様には本大会の全動画を、後日ネットで配信する予定です。 大会動画は正会員専用のメールマガジンからアクセスして下さい。 日  時 : 平成27年11月29日(日) 13:00~17:00(開場12:30) 場  所 : 石橋文化センター・共同ホール     (福岡県久留米市野中町1015番地)TEL 0942-33-2271         主  催 : 「邪馬台国全国大会 in 福岡」実行委員会、全国邪馬台国連絡協議会九州支部         後  援 : 福岡県、福岡県教育委員会、福岡県文化団体連合会、久留米市、久留米市教育委員会                    久留米市文化連合会、西日本新聞社 等         全国大会受講料:1,500円(資料代含む・お支払は当日受付にて)高校生以下無料         講演内容 :   ①白木 守氏(久留米市文化財保護課 課長補佐) 「邪馬台国時代の久留米」          ②高島忠平氏(旭学園理事長)          「吉野ケ里遺跡と邪馬台国」(仮)   ③関川尚功氏(奈良県立橿原考古学研究所所員)                          「考古学の立場から見た『邪馬台国=大和説』への疑問(仮)   ④安本美典氏(『季刊邪馬台国』編集長)     「卑弥呼の墓を考える」  終了後、懇親会有り(希望者のみ・会費5,000円) 場所:西鉄久留米駅周辺ホテル(予定)           翌日(11月30日)9:00~16:30 バスツアー「筑紫の旅」(定員25名)   参加費 8000円(昼食代含む)   西鉄久留米駅出発(9:00)→高良大社(久留米市)→岩戸山古墳・岩戸山   歴史文化交流館→清水山本坊庭園(みやま市)~昼食~清水山(みやま市)               ~八女伝統工芸館(八女市)~西鉄久留米駅~16:30福岡着(福岡空港・JR博多駅)     参加申込み方法:ファックス・郵便・メールのいずれかでお願いします。                 全国邪馬台国連絡協議会九州支部(〒813-0041福岡市東区水谷2-20-21.S-107)     TEL:080-5483-7513 FAX:092-519-5331(担当、高野)     Email:mf.takano108@gmail.com(先着順で受付・お支払いは当日です)         <論文募集>! (1)邪馬台国に関する論文を募集します。              (2)原稿用紙20枚~50枚程度    論文の概要をまとめたものを一枚添付して、その中にタイトル・住所・    氏名・電話番号についても必ず記載してください。              (3)提出先 ㈱梓書院 「邪馬台国全国大会論文」係     〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代3-2-1    ※原稿は返却しません(ご了承下さい)。              (4)応募期間    平成27年8月1日~10月15日(当日消印有効)              (5)最優秀・優秀論文等については11月29日の全国大会当日、会場にて該当論文・氏名を    発表し、後日、『季刊邪馬台国』に掲載いたします。
2015年10月17日 全国邪馬台国連絡協議会第2回九州地区大会・佐賀 古代史フェスタ 古代 佐賀は輝いていた 【卑弥呼の声が聞こえる】        日  時 : 平成27年10月17日(土) 9:30~16:30 会  場 : アバンセ(佐賀市天神・4階研修室とホール)        主  催 : 全国邪馬台国連絡協議会・邪馬台国を考える会        後 援 : 鍋島報効会、佐賀県、同県教育委員会、佐賀市、同市教育委員会、神崎市、              同市教育委員会、NHK佐賀放送局、サガテレビ、エフエム佐賀、ぶんぶんテレビ、              NBCラジオ佐賀、読売新聞西部本社、朝日新聞社、毎日新聞社、西日本新聞社、              佐賀新聞社、吉野ケ里歴史公園(見込みを含む)       ◆問い合わせ・申込み先◆ 佐賀市八丁綴6-4 関家敏正方                     電話・FAX0952-31-3096 携帯 090-1972-0779                     Email eijikubo@hotomail.co.jp(久保英二)    第1部  学習集中講座「魏志倭人伝」の国々 9:30~11:30  佐賀市天神町「アバンセ」4F第3研修室(定員90名) 参加費500円(高校生以下無料)     関家敏正全邪馬連副会長         「『魏志倭人伝』をまともに読めば」          渋谷格佐賀県文化財課吉野ケ里遺跡担当係長「北部九州と佐賀の弥生の国々」          平石明俊邪馬台国を考える会会員     「狗奴国と狗古智卑狗」         ---昼食は出来るだけお弁当を用意してきて下さいーーー 第2部   古代史フェスタ「吉野ケ里遺跡と大陸文化」 12:30~16:30     佐賀市天神町「アバンセホール」(定員300人)  参加費1000円(高校生以下無料)            ①主催者挨拶 鷲崎弘朋全邪馬連会長・関家敏正邪馬台国を考える会事務局長          ②リレー講演 講師と演題             安楽 勉先生(元長崎県原の辻遺跡調査官)「吉野ケ里遺跡と原の辻遺跡」       奥野正男先生(元宮崎公立大学教授)   「古代東アジアと吉野ケ里遺跡」       七田忠昭先生(佐賀城本丸歴史館長)   「吉野ケ里遺跡に見る中国文化」   高島忠平先生(佐賀女子短期大学理事長) 「邪馬台国九州説」         <親睦会 18:00~ 佐賀市内のホテル「千代田館」 電話0952-32-5115 会費6000円>                アバンセ北の玄関口から17:15出発でホテルバスの送迎があります       <オプショナルツアー>大会の翌18日(日) 9:00 佐賀駅北口北島丸芳露前出発        希望者のみ(マイクロバス25名まで。最低催行人数15名)9:00集合17:00解散        (コース)①佐賀城本丸歴史館-②三重津海軍所跡ー③吉野ケ里遺跡(昼食)ー④銚子塚古墳             (古墳時代前期前方後円墳)-⑤東名縄文早期後半湿地性貝塚遺跡(7000年前)             -⑥肥前国府跡ー⑦船塚古墳(古墳時代中期前方後円墳・県内最大)             -佐賀駅北口(解散は 午後5時ごろの予定)        (参加費)4000円=バス代、資料代(昼食代は含まず)       ◆17日の集中講座とリレー講演は事前申し込みがなくても参加できます。              
2015年8月22日 会員研究発表大会             ・全国邪馬台国連絡協議会は下記の日時に開催致します。              日時:平成27年8月22日(土) 午後1:00から5:00まで              場所:「三田いきいきプラザ」 集会室A  電話:03-3452-9421              住所:港区芝四丁目1番17号              交通:地下鉄三田線・浅草線 三田駅 A9番出口 徒歩1分                 JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口 徒歩8分             ・発表者が決定しました。それぞれ、30分の持ち時間でお話いただきます。                 米田 喜彦   系図論                 福島巌    大伽耶説                 伊藤雅史   倭人伝後世改竄説                 古閑炯作   近畿説                  松尾定行   宇佐説                  矢野寿一   近畿説             ・当日の聴講は会員・非会員ともに無料です。奮ってご参加ください。             ・終了後に懇親会を開催します。懇親会だけの参加も歓迎します。
2015年6月20日 第2回東京地区大会 日  時 : 平成27年6月20日(土) 13:30~16:30 場  所 : 品川区立総合区民会館きゅりあんイベントホール (定員230人)                    品川区東大井5-18-1 電話03-5479-4100    JR京浜東北線、地下鉄りんかい線、東急大井町線「大井町」駅徒歩1分           テーマ  : 「邪馬台国畿内説を考える」      今回は特に邪馬台国畿内説を取り上げて考えてみよう、どこまで畿内説を             極められるか!・・・という企画です。             畿内説の3人の先生方に、考古学と文献学からのご講演をいただきます。 是非、皆様のご参加をお待ちしております。参加方法は事前申し込みではなく、             当日受付です。        石野博信先生 兵庫県立考古博物館館長                          「邪馬台国の王都と墳墓」                 森岡秀人顧問 元日本考古学協会理事、芦屋市教育委員会                    「邪馬台国畿内説に向けての『原倭国』論」                 岩元正昭顧問 北京大学名誉顧問、「真説魏志倭人伝研究会」主宰                    「魏志倭人伝の行程叙述を『設文解字』の字義・     用法に則り地図化すると天空の世界が描かれる」 参加費 : 1500円 当日受付   (全国邪馬台国連絡協議会個人正会員:1200円) 問合せ  : 入会案内のフォームからお問い合わせ下さい。                  あるいは、当会メディア委員 河原宏 uhh52172@nfty.com           電話:090-1201-5200 FAX:03-3716-3688 参加方法は事前申し込みではなく、当日受付です。                   当日、直接会場にお越し下さい。            2015年5月9日 第1回九州地区大会 日  時 : 平成27年5月9日(土)13:30~16:30 場  所 : 九州国立博物館・ミュージアムホール テーマ:「筑紫の国の女王たち」   志村裕子氏 「斉明天皇と九州の女神たち」   河村哲夫氏 「北部九州の神功皇后伝承」   安本美典顧問「卑弥呼と天照大神」  参加費:1500円(支払いは当日)  申込:多田書店・事業部(Tel.080-5483-7513) 講演会終了後17:30から懇親会(希望者のみ)  博物館隣接レストラン(会費8,000円) 翌日バスツァー「筑紫の旅」5月10日(日)(定員35名・参加費8000円)   9:00西鉄太宰府駅発~神功皇后ゆかりの神社[砥上神社(筑前町)~   栗田八幡(筑前町)~大己貴神社(筑前町)]~秋月にて昼食~平塚川添遺跡~   恵蘇八幡神社(斉明天皇・天智天皇ゆかりの朝倉宮)など~朝倉街道~   16:30福岡着(福岡空港・JR博多駅)  主催: 全国邪馬台国連絡協議会九州支部、福岡県文化団体連合会      九州アジア文化芸術フォーラム  後援: 九州国立博物館、太宰府市、梓書院、太宰府天満宮、他 
2014年10月5日 第1回全国大会 日  時 : 平成26年10月5日(日)10:00~16:30 場  所 : 明治大学リバティーホール1階(参加者約400名)  台風18号が接近して豪雨の中、朝10時から400人を超える熱心な古代史 ファンが来場いたしました。厚く御礼申し上げます。

開会の辞  大会実行委員長 内野勝弘

「当団体は、 ①学会、アマチュアが協力して邪馬台国と古代史を科学的に研究、解明する ②全国の古代史団体、愛好家との交流、親睦を高めていく ③地域と連携し大会を通じて地域おこし、古代史ファンを増やしていく  をテーマに、本年4月19日に21人の学会専門家の特別顧問の先生のご指導  の下で全国15団体および個人正会員170名が集結し、古代史初めての全国組織              として発足しました。 邪馬台国の解明には考古学、文献学の研究成果の上に最新の科学的分析による理化学 的解明が進むことを多くの古代史愛好家が待ち望んでいます。今回の講演がその突破 口になるべく期待しております」と開会の挨拶をした。 実行委員

来賓挨拶  文化庁主任文化財調査官 禰宜田佳男先生

    「200年後、300年後の考古学者、古代史学者また学会としても、この協議会は             学史的に重要な意味を持つ歴史に残る組織となろう」との過分なお言葉を頂きました。 禰宜田先生

【第1部】 考古学・文献史学から見た邪馬台国

「考古学」から見た邪馬台国  講師 大塚初重 明治大学名誉教授・元日本考古学協会会長           「近年の大規模な全国的遺跡調査の実施で膨大な考古資料が蓄積され、新事実が次々に もたらされたことにより、瀬戸内東部から近畿地方、四国、山陰、北陸、東海や関東、 長野など東国も含めた諸事実の解明が進んだ。 特に、弥生時代中期後半から倭国と対 中国、三韓との交流は九州北部(松蘆国・伊都国・奴国)などの地域が対外交流の窓口で あったことは間違いないが、それ以外にも多彩な窓口があった。  そのうえで九州と畿内という従来のとらえ方から西国も東国をも含めた広い倭国内の 2~3世紀の歴史的な状況から改めて邪馬台国の状況が理解できる」と東国の重要性を 提案した。  「庄内式土器が東京湾沿岸地域に墳丘墓副葬品として登場しており、箸墓古墳出現前に 既に東国の一角が邪馬台国の領域内に含まれていた可能性がある」  また、「三角縁神獣鏡は既に指摘されているように舶載鏡とはみなしがたく、国産鏡と 考えざるを得ない」と述べた。 大塚先生 「文献史学」から見た邪馬台国 講師 安本美典 元産業能率大学教授・季刊『邪馬台国』編集長  「文献的年代論・世界の君主の時代別平均在位年代から推測すると1~4世紀の在位年数 は10年を超えていない。神武天皇は285年前後で5代前の天照大神は245年前後で卑弥 呼の年代と合う。実在の天皇、第21代雄略天皇から第50代桓武天皇までの平均在位年数は 10.95年である。それから推定すれば第10代の崇神天皇は4世紀半ば以降で纒向遺跡、箸墓 は同時代である。  また、炭素14測定法では土器付着炭化物はクルミ・桃核などより古く出る傾向(50~80年) があり、箸墓の桃核は80%以上の確率で4世紀を示しており、箸墓とホケノ山古墳は布留1式 期で4世紀の中ごろの築造」「年輪年代法で注意すべきことは伐採年代と再利用問題、特にヒノキ は耐久性が高く再利用がよく行われていた」とまた「鉛同位体比による古代青銅器の年代論・ 古代青銅器密集率」の画期的仮説を発表された。 安本先生

【第2部】 科学的年代論で解く邪馬台国

 「年輪年代法」と古代史 講師 光谷拓実 元京都大学客員教授・奈良文化財研究所客員研究員  「考古学における各種の調査研究の基本は、出土遺物、遺構の年代を決定することである。 遺物と共伴して木材の年代を特定する方法に「年輪年代法」があり測定年代に対して誤差がな く遺跡出土木材の年輪に歴年代を与えることができる。20世紀初頭にアメリカの天文学者, A.Eダグラスによって創始され、文字のない時代でも一年単位の年代が確定できる。  これまでの応用事例として特筆すべきものに滋賀県信楽町の宮町遺跡の柱根の伐採年が、 続日本紀の記述のとおり、743年で真の紫香楽宮は宮町遺跡であると指摘。また大阪府の 池上曽根遺跡の柱根の伐採年代が紀元前52年と判明、従来の年代観より100年古く出て 弥生時代~古墳時代の年代見直しの契機となった。また、奈良県の纒向石塚古墳はヒノキ材 から180年前後、勝山古墳は200年前後の伐採年代と推定。古墳時代を早めた。  しかし、出土木材の年輪年代と出土遺構、遺物への年代付けは、十分に注意し、最良の組 み合わせにおいてのみ,年輪年代の年代値そのものが評価される」と述べた。 光谷先生 「酸素同位体比を用いた新年輪年代法」と古代史 講師 中塚武 総合地球環境学研究所教授・名古屋大学客員教授  「木材年輪を用いた年代決定法は①年輪幅に基づく方法②放射性炭素(炭素14)に基づく方法、 の2つの方法だったが、画期的な酸素同位体比を用いた新しい年輪年代法を提案します。 これらの活用により  1.年輪に含まれるセルロースの酸素同位体比の変動パターンは、相関が高く、従来の年輪幅だけ   を用いた年輪年代の決定精度と応用範囲を飛躍的に高める  2.日本各地で現在から縄文時代までの多数のヒノキやスギの年輪酸素同位体比を測定した結果さ   まざまな樹種の木材の年輪年代の決定に利用でき過去数千年間の標準変動曲線を作成した  3.年輪セルロース酸素同位体比の標準変動曲線は、当地の夏季降水量の変動を正確に記録しており、   さまざまな歴史学、考古学の記録と照合することにより、日本史の背景にあると思われる、人間   社会と気候変動の関わりについて解明できる」と力説した。 中塚先生 「炭素14年代法」と古代史 講師 中村俊夫 名古屋大学教授・金沢大学客員教授  加速器質量分析(AMS)は放射性炭素(C14)年代測定の分野に大革命をもたらした。 わすか数ミリグラムの炭素を用いて、短時間のうちに高精度の幅広い年代範囲の年代測定を可能にした。 今日では様々な貴重な考古学や古文化財試料に適用され高精度な推定に盛んに利用されている。しかし、 期待ばかりが大きく測定法の限界や問題点が理解されていない事も多い。  自然界で採取した試料には、不純物の付着も多い。それら汚染物質の洗浄が重要である。 名古屋大学に設置しされてあるタンデトロンAMS装置は試料から炭素成分が抽出されグラファイトに 変えられる。ごく少量の炭素試料で測定でき測定誤差が極めて少なく、短時間で測定できる。 琉球沖縄古衣装(絹織物)の年代測定、バーミアン仏像遺跡の東西仏像の年代のAMSによる炭素14年代 測定などに成果を上げた。  しかし、通常の測定では誤差は1標準偏差±20年である。また、考古遺跡の同一層から採取された 貝殻と木炭ではC年代が大きく異なる。ゆえにC14年代測定法は年代決定法ではなく、ある年代範囲は可 能性が高いと示すことが可能な年代推定法として捉えなくてはならない。 中村先生

「今後への期待と展望」

   鷲崎弘朋 全国邪馬台国連絡協議会会長             「今回の講演「科学的年代論」で登場した自然科学(理化学)に期待する。 これには「年輪年代法」「炭素14年代法」「酸素同位体比を用いた新年輪年代法」「鉛同位体比分析」などが あり今後はこの「自然科学」を「文献史学」「考古学」と並ぶ主役、すなわち三本柱の一つにとらえる必要 がある。そして、三本柱をトライアングルとして相互補完、相互チェックし総合的に検討することにより、 真の古代史解明が初めて可能になる。  具体的には ①纒向遺跡の桃核(桃の種)を炭素14年代法で測定 ②遺跡などからの出土木材を「年輪年代法」「炭素14年代法」「新年輪年代法」で同時測定 ③日中の出土古鏡の鉛同位体比分析  など専門家、研究機関、大学、当会が協力して実施していきたい」と述べた。 鷲崎会長 強風の中、10時から16時半と長時間の講演にかかわらず、全国から約400人の 古代史愛好家の皆様が最後まで熱心に聴講していただきました。 ご講演いただいた各先生、ご参加の皆様に厚く御礼申し上げます。
2014年7月19日 第1回東京地区大会  平成26年7月19日(土)10:00~17:00、文化シャッターBXホール 【式次第】   第1部 基調講演    講師 仁藤敦史国立歴史民俗博物館教授      「邪馬台国」論の現状と課題-史料批判・東アジア・考古学の視角から-                 講師 安本美典元産業能率大学教授・季刊『邪馬台国』編集長      「邪馬台国九州説」数理歴史学の立場から           第2部「私の邪馬台国論」    金田弘之 『魏と呉の覇権争いからみた「女王国の争乱」』 若井正一 『邪馬台国吉備説・狗奴国大和説』 志村裕子 『先代旧事本紀』「国造本紀」にみる邪馬台国』     丸地三郎 『邪馬台国はどこにあったか?魏の使者は帆船で博多湾に!』 田中文也 『邪馬台国山陰説』 石井好  『纏向型前方後円墳は4世紀代の古墳』 まとめの質疑応答   第2部の「私の邪馬台国論」は当HPに詳細を掲載してあります。
2013年11月2日 古代史(邪馬台国)サミットin高千穂 日時:平成25年11月2日(土) 場所:鳥取県湯梨浜町
全国邪馬台国連絡協議会準備委員会結成記念 大会開催の報告です。 <開催趣旨>  日本民族のルーツに迫る、最新の古代史論争古代日本の中心は、果たして「九州」か? 「畿内」か?「山陰」か?  近年、日本古代史をめぐる状況に大きな変化が生まれた。門脇禎二氏の畿内説から九州説 への転換や梅原猛氏の自説の撤回による出雲王朝実在論などである。 奇しくも古事記撰集 1300年を経て、2013年は出雲大社の遷宮と20年ぶりの伊勢神宮の遷宮が重なる年 となった。  人類社会世界200ヶ国地域の中で未だにその国の歴史が不明のままで分かっていないの は唯一日本の国だけである。この国の歴史の謎の解明は、今まさに国家的課題・民族的課題 となっている。また、日本中の古代史研究家を網羅する「全国邪馬台国連絡協議会」の設立 作業も始まっている。  この時期に邪馬台国論争の中心点を占める「九州説」、「畿内説」、「山陰説」の論考を 一堂に会し、ここに民族的・国家的課題への壮大な挑戦を行う。 準備委員 大会冒頭でステージに上がって紹介された準備委員。左より鷲崎、内野、河原、笛木 全国邪馬台国連絡協議会 設立準備委員長 鷲崎弘朋の挨拶  ただ今ご紹介をいただいた鷲崎でございます。 本日は、このように多くの皆様がお集まりいただき、また高島先生、岸本先生にもご出席い ただき、かくも盛大に古代史サミットが開催されましたことを心からお喜び申し上げます。  さて、これから「全国邪馬台国連絡協議会」の構想を簡単にご紹介させていただきます。 この連絡協議会は、来年春のスタートを目指しまして、現在、鋭意準備作業を進めておりま す。お手元の冊子にプロジェクトのイメージ図、設立趣旨などがございます。また、別配布 として組織図・役員名簿がございます。HPトップページのイメージ図をご覧下さい。  図のトップに「高い理念」と書いてございます。日本の古代史は多くの謎に包まれており ます。歴史と伝統を持つ多くの国の中で、これほど国家の成立や古代の歴史が知られていな い国は他にありません。古代史が国民的な関心を集め、多くの研究者が長年にわたり古代史 探究を行ってきましたが、未だにその解明を見ておりません。 その古代史解明の中核になっているのが「邪馬台国」であります。「邪馬台国の謎」の解明 こそが「古代史の謎」の解明につながります。こういった状況に鑑みまして、邪馬台国の解 明に熱意と関心を持つ団体と個人が集まりまして、全国ネットワークとしての「連絡協議会」 を設立し、新たな切り口から邪馬台国と古代史の解明を目指します。  このプロジェクトの主なテーマは、イメージ図の右側のように、①邪馬台国、②邪馬台国 前後、③年代論、④民族のアイデンティティ、の4つでございます。 それと同時に、図の左側にありますように全国を4地区に分け、地域おこしを兼ねて全国大 会と地区大会を開催致します。  また、専門家と在野研究家の英知を結集致します。高島先生にも特別顧問のご内諾をいた だきましたので、よろしくお願い致します。  私ども志を同じくする有志は、歴史に残る国民的プロジェクトを立ち上げ、邪馬台国と古 代史の解明に新たな道を切り開く決意でございます!  皆様におかれましては、このプロジェクトに絶大なご協力とご支援をお願い致しまして、 私のご挨拶とさせていただきます。どうか、よろしくお願い致します。 九州説 パネリスト 高島忠平 佐賀女子短期大学 理事長   吉野ヶ里遺跡発掘調査などに活躍 高島忠平  九州のどこであるかは明示しないで、魏志倭人伝に記述された30国に該当する弥生時代の 九州の集落遺跡を地図上にプロットして、解説。 他に全国の遺跡の分布、鉄器・漢式土器・銅鏡の分布から、弥生時代の国際的な集落は九州で あること、主な魏志倭人伝に記述されたような環濠集落は吉野ヶ里遺跡を始めとする北部九州 であること。日本列島の古代国家の成立を考えると邪馬台国が九州にあったほうが合理的であ る。 畿内説 パネリスト 岸本直文 大阪市立大学大学院 准教授  古墳時代を中心に研究 岸本直文  弥生時代後期は地域ブロックの時代であり、畿内では大阪府南部海岸線沿いと大和川を遡っ た奈良盆地が一体となった地域的なまとまりが考古学上考えられること。 畿内での鉄の出土は少ないが、石器が出なくなっていて、石器は金属器を磨く砥石だけ、とい ったように鉄器が使われた形跡があり、鉄器の現物が出ないから文化が劣っていたとはいえな い。弥生時代から古墳時代へ時代が進むにつれて漢式鏡の出土が多くなる。 最近のC14年代法などで纏向石塚古墳などの初期の前方後円墳が卑弥呼の墓である可能性が ある。 山陰説 パネリスト 田中文也 歴史学・考古学だけでなく、自然科学・民俗学・外国文献なども総合的に研究 田中文也  記紀・出雲風土記には縄文海進の記憶が残されている。例示すると、佐渡は「双子」に吉備 児島は「三つ子」に産んだ。これは縄文海進で今の海岸線を 20m上げた状態だと、佐渡は2つ の島に、吉備児島は三つの島になる。同様に出雲国引き神話も縄文海進から海面が下がって陸 地が広がった光景を表している。 山陰地方は熱帯地方の生物も寒帯地方の生物も生息できる、類まれな豊かな自然に恵まれた地 域である。その上、大陸・韓半島にも近い。 この様な地勢の上、天津神を祀る神社は山陰地方の山地に偏在している。製鉄を司る神々も山 陰地方に多い。天津神は山陰地方の山間部に住んでいたからではないか。 楽浪郡から邪馬台国への距離、帯方郡から邪馬台国への距離、狗邪韓国から邪馬台国への距離 を地図上にプロットして重ね合わせると重なる部分は島根県一帯である。 神武東征の大和への距離も日向から出発したのでは宇佐へは近すぎ、山陰から出発すると丁度 記紀の記述通りの距離となる。  青谷上地遺跡から、中国から渡来したと考えられる弩が出土している。同遺跡から飛鳥時代 の寺から出土するような連子窓が弥生時代に出土している。他、中国製の土笛も山陰地方を中 心に出土している。このように先進的な文物が山陰地方に多く出土するのは徐福が山陰地方に 上陸したからではないか。 これは国津神と呼ばれている大国主命と少彦名命は徐福が連れてきた童子が全国を回って先進 技術を教えた記憶ではないか。これら国津神は最終的に天下を天津神に譲った。 講演の後は3名の先生でパネルディスカッションを行いました パネルディスカッション 九州説と近畿説は議論ができましたが、高島・岸本両先生とも山陰説には戸惑っている様子で した。
日 時: 平成25年11月2日(土)  場所:鳥取県湯梨浜町 主 催: 山陰古代史研究会 後 援: 湯梨浜町、真庭市、新日本海新聞社、テレビせとうち、鳥取県経済同友会中部地区、  鳥取県中小企業青年会、今井印刷、梓書院、邪馬台国の会、邪馬台国を考える会、  渡来人研究会、九州の歴史と文化を楽しむ会、日留山歴史研究会、比婆山のロマン  を楽しむ会、八頭郷土歴史研究会、月詠会、全国邪馬台国連絡協議会設立準備委員会 この後、岸本・田中両先生(高島先生は所用)と有志で懇親会を開催しました。 翌日は田中先生と有志で邪馬台国山陰説実地見学ツアーを開催しました 方見神社 当日はあいにくの雨模様。良い写真がなく残念です。 邪馬台国山陰説で高天原と推定される蒜山から大山に至る山間部から平野部に天孫降臨したルー トと考えられる方見神社に参拝して伝承を拝聴 茅部神社 天照大神を祀る茅部神社。周辺には天孫を祭る神社が多い。 蒜山郷土博物館 蒜山郷土博物館を見学 岡山県真庭市の四つ塚古墳群の出土品を中心に展示してある。多くの武具・銅鏡・装身具・鉄器 ・馬具・埴輪などの豪華な副葬品がある。写真は13号墳の実物大の復元模型。 蒜山郷土博物館 高天原は陽当りがよく良く、韓半島に面している、という記述が記紀にある 写真中央の山腹の丘はこの記述通り、日の出から日没迄陽光に恵まれている景勝の地だという。 晴れていればここまで行けるが本日は雨のため資料館のパネルで我慢 青谷上寺地遺跡 弥生時代の遺跡の青谷上寺地遺跡展示館を見学 写真の連子窓は飛鳥時代の寺院のものではなく、弥生時代のもの。この様な見事な弥生時代の工 作物は山陰にしか見られない。木器・鉄器・馬具・処刑されたような人骨・他の地方の土器など の豊富な遺物が出土している。 青谷上寺地遺跡 見事な木製の高坏 出土した遺物は壊れていないものが多い。多分、壊れて捨てられたのではなく、使用中のものが 鉄砲水か何かで流されて埋まった・・・という感じ。 この後、空港迄送ってくれました。地元の皆さんに車で案内してくれて、手作りの心のこもった 山陰ツアーでした。        最終更新 平成28年4月6日