全国邪馬台国連絡協議会 全国大会 地区大会 その他大会等


		個人正会員の皆様は大会の全動画をネットで視聴できます(大会より後日、ビデオをネットで配信します)。
                   大会動画は正会員専用のメールマガジンからアクセスして下さい。

                    【注】:メールマガジンは、個人正会員へ毎月初に配信されます。

			

                <今後実施する大会>




 第4回講演会・東京                              日 時:3月25日(日)13:20~ 会 場:豊島区生活産業プラザ3階大会議室 講 師:西川修一先生(神奈川県立旭高、神奈川県埋蔵文化財センター)     「列島東部における弥生~古墳時代の広域ネットワーク」     酒井正士氏(全邪馬連会員)「邪馬台国への路を推理する」  参加費:会員1,000円、一般1,500円 定 員:100名(先着順、直接会場にお越しください)
 第6回討論型研究発表会:2018年4月1日(日)                             テーマ:「神武東征は本当に有ったのか?」 開催日時:2018年4月1日(日)13:00~17:00        開催場所:港区立三田いきいきプラザ集合室A    この発表会では、神話シリーズとして、出雲の国譲り、神武東征、大和朝廷の成立期の出来事などをテーマとしています。 歴史学では疑問視されている記紀神話が実際にあったのか否かを問い、討論を行っていきます。  活発な論議・討論が行われるよう発表される方は、証拠となる事象を、文献、遺物・遺跡、古代地理、神社・伝承など さまざまな面から示していただきます。 論拠や推論についても、討論に耐える確実性が望まれます。又、邪馬台国論では、卑弥呼と神武東征の時期的な関連が問われておりますので、 時期についても述べられることを期待します。 発表の応募:2月20日(火)締め切り。会員に限ります(非会員が応募される場合は、個人会員として入会をお願い致します)。 要旨はA4で1頁(1800 字以内)にまとめて下さい。図・表・地図・写真などは、PDF でメールに別途、添付して下さい。 送り先:メールでinfo@zenyamaren.org 宛て。 発表者決定: 応募要旨を検討して、テーマに合致しているか、論拠に即しているか、既存の有力な説と相違など記されているかなど討論会に   ふさわしいものかを考慮の上、選定し、HP 上およびメルマガにて公表します。               選考の結果、植田正弘氏、白崎勝氏、丸地三郎氏の3人が自説を展開します(3月1日決定)         大会参加費:500円(会員、非会員とも)。非会員も奮ってご参加下さい。 ※この発表会では、歴史学では疑問視されている記紀神話が実際に有ったか否かを問い、討論を行って行きます。          一般参加者も討論に加わることが出来ます。激論になるかも知れません。
 第7回東京支部大会「金印真贋論争」:2018年5月12日(土)                             テーマ:「金印真贋論争」 開催日時:2018年5月12日(土)13:30~17:00(受付は13:00より) 開催場所:文化シャッターBXビル多目的ホール   講師:鈴木勉先生(工芸文化研究所所長)――にせもの説    安本美典先生(元産能大学教授)―――本物説 討論会 16:00~16:40(会場からの質問を受け付けます) 参加費:会員1,000円、一般1,500円、学生1,000円 定員:160名(先着順)   最終更新 平成30年3月2日