全国邪馬台国連絡協議会 全国大会 地区大会 その他大会等


		個人正会員の皆様は大会の全動画をネットで視聴できます(大会より後日、ビデオをネットで配信します)。
                   大会動画は正会員専用のメールマガジンからアクセスして下さい。

                    【注】:メールマガジンは、当会個人正会員の中でメールアドレスをお持ちの方々へ毎月配信されます。

			

                <今後実施する大会>


 2017年4月 第5回会員研究発表会 開催月:4月9日(日)13:00~17:00 会 場:三田いきいきプラザ(集会室C、定員30名) 応募締切:2月末日(演題と100字程度の要約文を UHH52172@nifty.com 宛送信願います。) 抽選会:3月4日(土)16:45~、三田いきいきプラザ集会室C 新規発表者と既発表者の抽選は別々に行います。(既発表者も受け付けます) ※会員研究発表会で好評の発表者は東京地区講演会でプロの講師と一緒に、  100名規模の会場で発表していただく機会があります。                      発表者が決定(3月4日):米田喜彦氏「4世紀の紀年論」                      淤能碁呂太郎氏「国生み神話のオノゴロ島は玄界灘にあった!」                      兒玉眞氏「 反時計回り連続説」                      井出将雪氏「2世紀の天照大神と3世紀の卑弥呼」                      福島巌氏「天照天皇の正体」                      大下巌氏「邪馬台国と女王卑弥呼を訪ねて」         参加費:会員・非会員ともに無料。ふるってご参加下さい。            *発表会終了後、懇親会を予定しています。      (問合せ:090-1201-5200河原)                                             
 2017年5月14日(日) 第5回東京大会                              日 時 5月14日(日)13:30~17:00 場 所 文化シャッターBXビル多目的ホール 地下鉄後楽園駅、春日駅 参加費 会員1,000円、一般1,500円、学生1,000円(先着160名) テーマおよび講師:「日本人の起源を探る」   (第1部)遺伝子で解明!縄文人が日本人の祖先だ!~DNAで分かった日本人のルーツ 神澤秀明先生(国立科学博物館)       古代DNA分析は、古代人と現代人の遺伝関係を直接的に比較できる点で非常に重要な手 法である。 日本の古代DNA研究は、1989年に宝来聰らが縄文人骨のミトコンドリアDNAの部分配列を分析することから始まり、 最近では分析技術の向上によって、古代人のゲノム 解読が世界中で進んでいる。 日本でも、縄文人の核ゲノムが解読され、現代日本人の核ゲ ノムと直接比較することによって、 現代日本人に縄文人の遺伝要素が受け継がれていること が明らかとなった。 今回はさらに詳細に、我々の研究グループが描いている縄文人と現代 日本人の関係について紹介する。   (第2部)海を越えて日本列島にやってきた先史時代人の故郷を探る                  ~最新の人類学・考古学的成果の報告 小田静夫先生(考古学者)  四周を海に囲まれた島国の日本への渡来ルートは、北海道ルート、対馬ルー ト、沖縄ルートの3つが想定されている。 最初の渡来集団は、アジア人の故 郷である東南アジアのスンダランドから「黒潮」を利用して船出した。 フィリ ピン、琉球列島の島伝いに九州南部に到達し、太平洋沿岸地域には日本列 島最古の(約3万5,000年前の)人類遺跡が並ぶ。 武蔵野台地(野川流域) で発掘された約3万2,000年前の伊豆諸島「神津島」産の黒曜石は、「世界 最古の海洋航海」の証左。 縄文時代の初めにも、「海人集団」が黒潮を北 上して、もう一つの縄文文化と云われる南九州地方の土器文化を築いたと見 られる。 その後も黒潮海流を介した「海上の道」は日本列島に文物を運び、 日本文化の基層に大きな影響を与えた。
 2017年5月14日(日) 熊本県「菊池川流域古代サミット」                              日 時 5月14日(日)13:00~17:00 場 所 熊本県山鹿市「市民交流センター」 主 宰 全国邪馬台国連絡協議会(九州支部) 参加費 一般1,500円                  スケジュール           開会式(13:00~司会・山本 博氏) 主催者挨拶 全国邪馬台国連絡協議会 鷲崎弘朋会長                             来賓挨拶  山鹿市長 中嶋憲正様           第1部 報告会(13:20~14:20)  ①古代湖「茂賀の浦」と弥生遺跡(中原英氏)30分                            ②方保田原遺跡の発掘     (中村幸四郎氏)30分               ・・・・・・天照の舞扇(休憩15分)           第2部 講演会(14:40~16:40)  ①狗奴国は熊本         (島津義昭氏)60分                            ②菊池川流域のポテンシャル   (河村哲夫氏)60分           閉会式(16:50~17:00)謝辞・閉会(荒木信道氏) 
 2017年6月24日(土) 全国邪馬台国連絡協議会・第6回九州地区大会                                               「倭人伝の国々・part②」      日 時 6月24日(土)13:00~16:45 場 所 九州国立博物館・ミュージアムホール(定員288名) 共 催 全国邪馬台国連絡協議会九州支部、ふくおか・アジア文化塾、九州・アジア文化芸術フォーラム          参加費 1,500円(資料代含・お支払いは当日受付にて)・高校生以下無料         後 援 福岡県文化団体連合会、太宰府市教育委員会          スケジュール          ①講演:田島龍太市(唐津市末盧館館長)   「末盧国と玄界灘」          ②講演:嶋田光一氏(飯塚市歴史資料館館長) 「奴国と立岩の王」          ③講演:河村哲夫氏(歴史作家)       「奴国の神々」         懇親会:講演会終了後、17:30より懇親会(希望者のみ)を開催します。ふるってご参加下さい。博物館隣接レストラン「グリーンハウス」             会費6,000円         バスツアー:翌日6月25日(日)「宗像の旅」定員25名、参加費7,000円               福岡市役所東玄関前集合・出発9:00→奴山古墳群(福岡市)→織幡神社(宗像市鐘崎)→フェリー→大島(宗像市大島)               →中津宮・沖の島遙拝所(宗像市大島)→昼食→フェリー→高倉神社(遠賀郡岡垣町)→16:30天神で解散               ○申し込み:ファックス・郵便・メールにて               ○申込先:〒816-0931 福岡県大野城市筒井1-12-23 ふくおかアジア文化塾事務局 高野文生               ○tel:080-5483-7513 , FAX:092-558-8623, E-mail:mf.takano108@gmail        最終更新 平成29年4月2日