『邪馬台国 新畿内説』

												矢 野 寿 一

一 投馬国は多磨(東京)、狗奴国は桑名市多度(三重)

本論が、「新畿内説」と題して、従来の数多ある畿内説を旧説と一括りにしたのには当然ながら理由がある。それは偏に投馬国の位置である。この一点において旧説とまったく異なる行程解釈を得ているからである。

 畿内説で常識的に読まれてきた連続式(順次式)読み方に拠れば、帯方郡から邪馬台国までが一本道になることから、投馬国を瀬戸内海沿岸に比定することは当然の帰結であるし、また、不弥国から投馬国、邪馬台国と別の水行ルートを取る説にしても投馬国を山陰地方に比定し、やはり畿内大和から先の東方に位置したという説を聞いたことはない。

 これはまったく不思議なことである。なぜなら、その正否は分からないが、東京大学の故榎一雄博士が説いた、所謂、「放射式読み方」に準拠した行程論を、畿内説論者はなぜ東方に展開させる試みをしなかったのか。仮に北部九州から東に「水行すれば十日、陸行すれば一月」の地が畿内大和であれば、東に水行二十日の投馬国はその丁度二倍の距離にある関東平野に存在したと仮定してもおかしくないのである。

 なにも難しい話ではない。最近、九州説でも主張されている、帯方郡から狗邪韓国を経て末盧国に至る一万里が十日間の航海(水行十日)であるという仮説をそのまま当てはめ、伊都国から投馬国、邪馬台国へと南下する榎博士の説を東進させれば下図のようになる。

放射式を東に展開した図(図1)
図1

「多磨」という地名は「和名抄」にはもちろん万葉集にも出てくる古い地名であるし、関東地方には他の地域を圧倒する古墳がある。この地が忽然と古墳時代に興ったということは考えられず、農業生産を中心とした経済基盤が相当以前から確立していたことがこれらの大工事を完遂させた大きな理由であろう。関東に『倭人伝』の時代以前から大きな勢力が存在したことは揺るぎない歴史的事実である。そして、奈良県の纏向遺跡から発掘された南関東の土器や関東の各地から発掘された三角縁神獣鏡などの考古学的知見に照らしてみれば、投馬国を関東・東京の多磨地方に比定する試みは充分説得力を持つものであると考える。

 また、狗奴国については、近年の畿内説においてこれを濃尾平野に比定する考え方が支持されているが、本論はさらに明確な位置比定をおこなっている。詳しいことは後述するが、狗奴国は三重県桑名市多度(旧桑名郡多度町)に比定する。おそらく狗奴国の王都として、濃尾平野にこれ以上の地勢を備えた場所はないと断言できる。

 畢竟、この二点、投馬国が関東・東京の多磨地方に位置したこと、狗奴国が桑名の多度に位置した意味を明らかにすることによって旧来の畿内説が間違っていたことが分かる。この後、邪馬台国論争を二分する九州説との対峙は、旧畿内説に代ってこの新説に拠らざるをえないことの理解に落着する。

二 伊都国までの比定

 まず、『魏志倭人伝』に記された倭国の地勢等についての記事や各国(その余の旁国は省略する)への行程記事について、その方角、距離、通行手段を抜き出し読み下し文に記すと次のようになる。

① 郡(帯方郡)より海岸に循いて水行して狗邪韓国に到る。七千余里。
② 始めて一海を渡ること千余里。対馬国に至る。方四百余里。
③ 南一海を渡ること千余里。一大国に至る。方三百里。
④ 一海を渡る千余里。末盧国に至る。
⑤ 東南、陸行すること五百里。伊都国に到る。
⑥ 東南、奴国に至るには百里。
⑦ 東行して不弥国に至るには百里。
⑧ 南、投馬国に至るには水行二十日。
⑨ 南、邪馬台国に至る。水行十日、陸行一月。
⑩ 其の南に狗奴国あり。
⑪ 郡より女王国に至るは万二千余里。
⑫ 其の道里を計るに、当に会稽東冶の東にあるべし。
⑬ 女王国より以北は、特に一大率を置き。
⑭ 女王国の東、海を渡る千余里。 復た国あるも、皆倭種なり。
⑮ 侏儒国あり。其の南にありて女王を去ること四千里。
⑯ 裸国、黒歯国あり。復たその東南に在りて、船行すること一年。
⑰ 倭の地を参問するに、周旋五千余里。

 右の行程の中で、⑤の伊都国までは確定したい。所謂、帯方郡は韓国ソウル市近辺、狗邪韓国は韓国金海市近辺、対馬国は長崎県対馬、一大国は同壱岐、末盧国は佐賀県唐津市近辺、伊都国は福岡県糸島市近辺である。そして⑥の奴国についてもその版図の全部もしくは一部が福岡平野のどこかに位置していたと考えることができる。ここまでの比定についても少なからず異説はあるが各説主唱者の我田引水のための強弁で、知る限りにおいてまったく説得力がない。

 また、本来であれば行程の起点となる地を相当狭い範囲で特定するべきであろう。二万戸を擁する奴国や、それ以上の投馬国、邪馬台国、推察するに狗奴国などの版図は広域にわたることが考えられることから、『倭人伝』に記された行程を辿るにはその広大な版図の中で起点となる場所を特定する必要がある。普通に考えれば、起点となる場所は邪馬台国の女王卑弥呼や狗奴国の男王卑弥弓呼がいた王都、卑狗や爾支、兕馬觚、多模、弥弥など各国の行政官が執政した後の国衙(国府)と呼ばれる地になるはずである。これを国邑と呼びたいが、その起点を特定する作業を行わなければ次の行程を踏めないのである。

 ただ、帯方郡から伊都国までの比定に関しては、いずれの国も島か狭い平野に限定されることから厳密に起点を確定する必要はなく、従来説をそのまま踏襲すればいいと考える。

 この伊都国までの比定の確定は重要な意味を持つ。それによって『倭人伝』解明のために必要ないくつかの仮説が立てられるからである。距離や方角、通行手段や文献解釈の方法等についての仮説、そして、今に残る地名が重要なキーポイントになることも合わせて教えてくれる。

四、仮説の合理性

『魏志倭人伝』に記された各国への行程記事を解明しようとしたとき、一つだけ言えることは、帯方郡を起点にしようが伊都国を起点にしようが、『倭人伝』の行程記事をそのまま辿るような愚だけは避けなければならない。そうした試みが失敗に帰することは、夥しい論考の山を見れば分かることである。邪馬台国への行程のどこかで必ず矛盾点に突き当って理論に窮するわけだが、その矛盾が誤字や脱字にあるとして安易に解決を図り、また、中国では使われたこともない度量衡を持ち出してくることによって自説を守ろうとするが、逆にその根拠のなさ(願望のようなもの)によって著しく説得力を欠く。

 本論が取った手法は、まず合理性のあるいくつかの仮説を立て、『倭人伝』の記事に誤写等の間違いがないということを前提にその行程記事と仮説との完全な整合を試みた。こうした手法は目新しいものでもなかろうが、重要なことは立てた仮説の合理性の問題である。 例えば「陸行一月」を「陸行一日」の、方角の「南」を「東」の間違いとする古典的ともいえる仮説は今でも根強い。人間のやることであれば誤字や誤植についていえばその確立はゼロではない。しかし、その仮説を証明する文献でもない限り、誤字や誤植を無批判に認めることは文献考古学そのものを否定することになる。単に自説のために、恣意的に記事を捻じ曲げることを認めればその文献自体が無意味なものになるからである。

 今日まで、『倭人伝』を説くために立てられた仮説は枚挙にいとまがない。その中には充分に市民権を得た確度の高い証拠に基づく仮説もあるし、反対に、空想とか希望とか、まったく絵空事のような仮説もある。その合理性について簡単に判断できるものもあるがそうでないものもある。

その合理性の基準をどう考えればいいのか。私なりの見解を述べると、その仮説が第三者に対して充分に説明がつくものであれば合理性があると判断していいのではないか。逆に疑問を呈されるようなものでは、明確に証拠を挙げて説明ができないものは合理性がないと判断するべきであろう。しかも、その証拠は学術的根拠に基づいていることが必須である。学術的根拠の中には遺跡や土器、鉄器など発掘物や逸文など文献の考古学的成果はもちろん、古代の天文学や航海術などの科学的成果、人間の行動パターンを研究した人間工学、経済学、地政学等、その他諸々あろうが、少なくとも実証的な学問から導き出された仮説でなければならない。特に重要なものは考古学的成果であろうが、それ以上に重要なものは経済的見地からの考察である。人間は経済動物である。いつの時代も人間の多くの行動の動機は経済に起因している。それがすべてではないが、人間の行動が経済合理性に因ることを念頭に置いて考察を進めるべきであろう。

本論はそうした観点に立ち、先学の多くの考察に加え著者自ら新たな仮説を立てた。仮説の合理性があることが本論の命である。逆にいえば、立てた仮説の中の一つにでも合理性がなければ本論は成立しない。

五、仮 説

①『倭人伝』は、帯方郡使による郡から伊都国までの旅行記録および寄港した国々で見

  聞したものの記録と、郡使が伊都国到着後、伊都国の役人から聴取した倭国本土の情

  報の二つからなるものと考えられる。

一、 距離について 

②帯方郡使は末盧国までの航海一日を水行千里として記録した。つまり、上記二―①の帯方郡から狗邪韓国までは七日間の航海、②狗邪韓国から対馬国、③対馬国から一大国、④一大国から末盧国まではそれぞれ一日の航海であり、合計十日間の航海が帯方郡から末盧国までの距離一万余里として記録された。

 ③帯方郡をソウル近辺とした場合、郡から船で南下し珍島から東進して狗邪韓国(韓国金海市付近)に至る距離は約660キロメートル、狗邪韓国から対馬北岸までは約60キロメートル、対馬南岸から壱岐までは約50キロメートル、壱岐南端から末盧国までは約35キロメートル、合計すれば約800キロメートルになる。この距離を十日間の航海で行ったとすると一日あたりの平均航海距離は80キロメートルになる。

   このような実測値と朝鮮半島沿岸の潮海流、対馬海流、瀬戸内海の潮海流、太平洋の黒潮の影響などを考慮し、帯方郡から投馬国や邪馬台国までの一日あたりの航海可能な距離を60~80キロメートルと推測した。

 ④『唐六典』に定められた旅程、現代人の歩行速度に古代の道路事情を考慮して、一日あたりの陸行距離を約25キロメートルとした。

二、 方角について

 ⑤帯方郡使が伊都国で聴取した方角記事が正確であったと仮定した場合、末盧国(佐賀県唐津市)と伊都国(福岡県糸島市)の方角は記事にある「東南」ではなく「東北」となり、90度反時計回りになっていること、また、伊都国から先の行程を「連続式」もしくは「放射式」に読んでも、投馬国、邪馬台国への水行の起点となる不弥国は結果として伊都国の東方に位置することになり、推定されるその地に海はなく、港湾の地に出ようとすれば、北方の玄界灘沿岸に不弥国を求めなければならず、やはり、90度反時計回りに方角を取らなければならない。

   これらの事実と本土最初の訪問地である末盧国から邪馬台国までの方角がすべて南もしくは東となっていることから、陳寿は、当時の中国人の倭国に対する地理観(倭国が朝鮮半島から東南海に連なる列島で、邪馬台国は会稽東冶の東との認識)に従い、本土最北端を末盧国と考え、それから先の方角のすべてを90度反時計回りに戻すよう修正したと考えられる。これは記事を整合させるため『倭人伝』に記されたすべての方角に及んでいる。

三、 記事の解釈について

 ⑥「水行十日、陸行一月」は「水行十日の後、陸行一月すれば」と解するのではなく、「水行すれば十日、陸行すれば一月」と並行式に読まなければならない。

 ⑦『倭人伝』の帯方郡から邪馬台国までの行程は、水行の起点からは目的地ごとに「放射式」に、陸行の起点からは「連続式」に書かれていたと考える。したがって、帯方郡から末盧国までは水行であるから「放射式」に行先を示し、末盧国から不弥国までの陸路は「連続式」に、不弥国から先はまた水行であることから「放射式」に行先を示したと推測する。これは『倭人伝』解釈上、極めて重大な提言である。

 本来、「放射式」で書かれた帯方郡から伊都国までは、倭国に向うには次の目的地が一つしかなく、そのために一本道になったことで、日本人の研究者がこの間を「連続式」で書かれていると誤解しただけのことである。帯方郡から伊都国まで常識的に読まれてきた「連続式」読み方が正しいとは言い切れず、むしろ間違っていたと考えざるを得ない。

 ⑧「女王国の東、海を渡ること千余里。復た国あるも、皆倭種なり。又、侏儒国あり。其の南に在りて、人の長三四尺。女王を去ること四千余里。(中略)・・・・・・周旋五千余里可り」の記事について新たな解釈を試みた。

  この箇所は『倭人伝』の行程記事の中でもっとも解釈が難しく、また、全文の流れから考えても、記入箇所としては一番唐突で違和感が残る。本来最前段の倭国の地理の中には置かれず、なぜ、この一文が外交記事の前に置かれたのか不思議である。

 しかし、陳寿にはそうしなければならない理由があった。その決定的理由は後述するが、まず、この記事の中に記された「女王国」がどこを指しているかについて述べたい。『倭人伝』の中にはこの記事を含めて「女王国」という文字が五回登場するが、文章の前後関係から、ほとんど異論なく「女王国」は「女王のいる邪馬台国」と解されてきた。このために邪馬台国の東に海がなければならず、九州説にしても畿内説にしても、主要な邪馬台国比定地の東に海はなく、ほとんど山地を背にしているために解釈上説明不能に陥っている。

 固定観念とも言える「女王国」が「邪馬台国」であるとの認識に立てば無理からぬことである。実際、先に出てくる四ケ所の「女王国」は邪馬台国を指していることは明白である。しかし、この文中の「女王国」もそうであろうか。「倭種国」への起点となる最後の「女王国」について考察を試みた。

 まず、最初に気づくのは、前述したように、会稽東冶の東にあるべき邪馬台国は、周旋五千里(2200キロ・倭国本土の距離と仮定)の倭国の統治者であり、かつ、本土最北端と思われる末盧国から千五百里(650キロ)南に位置している。しかし、冒頭の文章を逆から読むと「女王を去る侏儒国」は明らかに邪馬台国から四千里(実距離1750キロ)離れたところに位置するが、倭種国からはかなり近接した東(記事では南)に位置していると読まれることから、侏儒国・倭種国は同じ地域にある国だと考えてよい。しかし、「海を渡ること千余里」の倭種国と女王国は、仮説により、わずか一日の航海で渡ることできる距離にあることから、女王国を邪馬台国とした場合、女王を去るところ四千里の侏儒国と倭種国が近くにあることは矛盾する。

 また、本土最北端から千五百里の邪馬台国の南には、五千里から千五百里を差し引いた三千五百里余ほどの版図が広がる。この広大な版図のすべてが邪馬台国と考えることは現実的ではない。他に多くの国が存在していた(戸数・道里を略載できない国々などとして『倭人伝』に記される)と考えるべきであろう。そうすると、やはり「女王国」を「邪馬台国」とするには疑問を呈さざるを得ない。

 そして、二つ目に注目されるのは、同じ文中に陳寿が、「女王国の東の倭種の国」、「女王を去ること四千里の侏儒国」と書き分けていることである。今まで読まれてきたように、倭種国と侏儒国への起点となる場所が同じ邪馬台国であれば、なぜ、「女王国を去ること四千里」と同じ表現をしなかったのか。もちろん「女王を去る」は間違った書き方ではないから無意識に書いたということもあるが、逆に意識的に書き分けたということも考えられる。どちらも蓋然性がある。

 しかし、もし、意識的に書き分けたのであればその理由は何か。当たり前の結論になるが、陳寿が意図したそれぞれの起点が違っていたということしか考えられない。「女王を去る」という意味は、女王を卑弥呼個人に帰すことによって侏儒国への起点が女王卑弥呼の住む邪馬台国であるということを示している。これは明白だ。とすれば、陳寿は「倭種の国」への起点が「邪馬台国」ではないということを読み手に伝えようとしたのではないか。「倭種の国」への起点と「侏儒国」への起点が違うことを正確に伝えるために「女王国」と「女王を去る」とに書き分けたと考えることもできる。それまで陳寿自身が使ってきた「女王国=邪馬台国」を否定するためである。そうであれば、この一文にある「女王国」は邪馬台国ではなく、残る可能性から「女王国」と同等の意味を持つ「倭国」を指すと考えるのが妥当である。

陳寿の描いた倭国(図2)
図2

では、なぜ陳寿は直截に「倭国」と書かなかった、あるいは書けなかったのかについて考えてみる。理由は二つある。ひとつは倭国内にある各国への行程について述べる文中に「倭国」という起点を使えないからである。自己矛盾をきたすことになる。

もうひとつの理由は、陳寿が「倭国」の全版図をつかみきれていなかったからではないかと考える。『東夷伝』に記された国の中で他国と同じように標題を国名では書かれず、「倭人条」として書かれたことがその証左である。つまり『倭人伝』は倭人とその傍流が住んでいる国々について書かれ、その北端は狗邪韓国とするものの、「船行すること一年」のはるか遠くに南端がある「大倭国」と考えられていて、その境界を特定できていないのである。だから「倭国の東」とは書けなかったのである。

とはいえ、中国正史の外国伝であれば相手国との外交、軍事などの重要な記事についての記載は必至で、陳寿としてはある範囲を定めて「倭国」を決めておく必要があった。その役目を負った段落が唐突とも思われる冒頭の一文ではないかと考える。

この文章を読むと、陳寿が「倭種」と「倭人」を明確に区別していたことが分かる。なぜなら、「倭種」が「倭人」であれば、陳寿はわざわざ「倭種国」をことさら取り上げずに、「斯馬国、己百支・・・」などが書かれたずっと前段の「その余の旁国」の中に記述したはずである。しかし、そうしはなかった。わけは二つある。一つは「女王国」と「倭種国」の間に千里の海が横たわっているという地勢を利用して便宜上の「倭国」を定めたことであり、もう一つは、「大倭国」の中の国ではあるが、女王国である邪馬台国の支配下になかったことを明らかにして「倭国」と切り離したことである。陳寿はこの段落をわざわざもうけて、地理的、政治的に「倭国」と「倭種国以遠」を分離したのではないかと考える。陳寿が「倭人」とはあえて書かず、特に「倭種」という言葉を使ったのも、「大倭国」の中に住んでいるが、倭人とは違う容貌を持ち、違う生活様式を営んでいる人々がいるという情報を得ていたのではないかと推測する。

それにしても、この段落が日本人にはまったく唐突とも思える箇所に置かれ、外交記事の前に記述された理由は何なのか。

それは、この箇所に「倭国の周旋五千余里」という記述を必ず書いておかなければならなかったのだ。卑弥呼への「親魏倭王」封爵こそその決定的理由である。王であれ諸侯であれ、その封爵には必ず任じられた者が統治すべき領地が決められる。無限の領地が認められたわけではない。魏朝は、倭人・倭種の住む大倭国の中心五千里と朝鮮半島へ至る国々を卑弥呼の統治範囲として認めたのである。

このもっとも違和感の残る段落は、卑弥呼への封爵のために『倭人伝』前段から切り離され編集されたものであり、むしろ中国人には当たり前の記述であったと考えざるを得ない。このことからも、この段に記された「女王国」が「倭国」を意味していることは明らかである。

また、陳寿が「倭国」と書かなかった理由は前述したとおりだが、「倭種国」への行程を記す以上、その起点を決める必要がある。そのために持ち出したのが「女王国」で、その意味するところは邪馬台国の版図である便宜上の「倭国」である。

つまり、この一文を解釈すれば、「女王国が統治する(すべき)倭国の東、海を渡ること千余里。また国があるが、皆、倭種である。さらに侏儒国がある。その(倭種国)南にあり、背丈は三、四尺である。邪馬台国から四千余里にある」という意味になる。そして、当時、魏が倭国(倭地)をどう捉えていたかについて推察すれば、北海道を除く、本州、九州、四国を指していたと考えられる。

もちろん、実際に邪馬台国が北海道を除く日本列島全部を支配していたということではない。当時、邪馬台国が直接的、間接的を問わずに支配していた地域は、北は三角縁神獣鏡の出土があった福島県から昨年一月に四世紀初頭の前方後円墳が発見された胎内市大塚の城の山古墳のある新潟県までのライン、南は筑後川右岸までではなかったかと考える。福島県以北は、後に蝦夷と呼ばれる倭人、筑後川左岸以南は、後に熊襲や隼人と呼ばれる倭人の支配地であったと推測する。

 ⑨「倭の地を参問するに(中略)周旋五千余里ばかりなり」の意味は「九州の島々を周回する」と捉えるべきではなく、「諸島が連なって、それを一巡すると」と解するべきである。これは国文学者であり歴史学者の山田孝雄の見解だが、いたって当然のことであろう。従来説のように「九州島の周りを一周する」と解釈すれば、九州島の一辺は1200里余(魏晋朝里では520キロ余り)となり整合するが、伊都国から邪馬台国までの1500里余が九州島の中に入り難いのである。さらにその南の狗奴国は説明が難しい。よく持ち出される短里説(一里=平均90メートル)では九州島そのものが入り切れない。まったくの矛盾といっていい。山田説のほうがはるかに説得力がある。

 以上、九つの仮説を立てた。仮説⑦、⑧は新たに立てた仮説だが、その他のものは先学によってすでに提唱されているものである。重要なことは、今まで常識と考えられていたことに対して疑問を持つことである。従来から「連続式」に読まれてきた帯方郡から伊都国までの行程についても、また、邪馬台国の東にあるとされた「倭種の国」も、視点を変えれば別の解釈が成り立つのである。もちろん、新解釈が正しいとは限らない。しかしながら、ここに立てた仮説が充分に合理性を持つものであることは明らかであろう。

六、各国の比定

前述した仮説に沿って『倭人伝』に記された各国を表にした。また、その表に従って行程図を示し、次にその説明をしている。丸囲いの数字は二の数字と対応しているが、①から⑤までは従来説と同じであるため省略した。



一、行程記事とその実際
別紙(図1)



二、行程図
別紙(図2)



三、 解説

 二で⑤の伊都国までの比定地は確定したいと述べたが、対馬と壱岐の一辺の長さ「方四百余里」、「方三百余里」について仮説②を類推すれば、対馬の方四百余里は千分の四百、つまり対馬の上島(弥生時代に上島と下島の二島に別れていたかは未確認)の北端から南端までを五分の二日の測量航海、一大国の方三百余里は千分の三百、つまり同じく三分の一日の測量航海であったことを表していると考えられる。一日がどのくらいの時間を指すのか分からないが、十時間、あるいは十二時間と考えればいいのではないか。

 しかし、末盧国と伊都国の距離「五百里」はそのまま仮設を類推し、千分の五百日、つまり半日の航海であったとすることはただちにはできない。なぜならその間は「陸行」と明確に記されているからである。魏晋朝里で五百里は200キロを超える。末盧国と伊都国に比定される唐津市と糸島市の市庁舎間の実直線距離は25キロメートルである。まったく説明ができない。

 特に、末盧国から伊都国までの陸行五百里と、伊都国から邪馬台国までの千五百里との比較を根拠とした九州説も多く、しかも、中国正史の度量衡を「短里」なるものに変えようとする禁忌を犯す動機になっているから慎重な解釈が必要になってくる。

 私見ながら、これは帯方郡使船が唐津湾内に侵入し、国邑があったと思われる今の唐津市近辺には上陸せず、東松浦半島の突端、今の呼子か唐津市北辺に上陸後、そのまま船で伊都国に向かったと考える。理由は対馬国や一大国のところに記されている官職名と水田に関する記事が見えないことである。千戸の対馬に「良田なく・・」、三千家の一大国に「やや田地ありて・・・」と書かれているのに対し、四千戸の末盧国には水田の記述はなく、しかも、「山海に濱いて・・・(中略)・・皆沈没してこれを取る」という記事は対馬国や一大国より漁労を主とした情景を髣髴とさせ、戸数の多さを考えると強い違和感が残る。当時とは地形も違っていようとは思うが、末盧国の国邑に比定される現唐津市付近のゆったりした海岸線とは非常に情景が違う。彼らが視察をしたようには思えない。おそらく帯方郡使船は東松浦半島上陸後、暫時滞在して付近を視察した後舳先を東に向け、伊都国に向かったと推測する。

 なぜなら、それがもっとも自然だからである。末盧国の国邑と目される唐津市付近で下船して伊都国まで徒歩で行ったという理由がまったく見えてこない。途中背振山地が海際まで迫る道に慣れた倭人ならまだしも、最終的には伊都国へ向かう荷を積んだ船から帯方郡使がわざわざ船を降り、末盧国の国邑付近を視察して徒歩で伊都国へ向かったとは考えられないのである。

 おそらく帯方郡使は伊都国の役人から、末盧国から伊都国の方角が東北に当たり、倭人は通常その間を徒歩で往来すること、また、戸数が四千戸あることを聞いて記事にしたものと思われる。また、里数五百里を記事にしたのも、航海記録に記された数字を用いた結果と思われる。いずれにしても推測の域を出ず、行程解釈では非常に難しい一文である。しかし、仮説①に示した帯方郡の航海記録と伊都国における情報聴取という二つの情報源が交差するところの末盧国で起きた偶然の誤謬とするのは安きにつくことであろう。

 やはりその理由があるはずである。私は仮説①で、情報収集は伊都国で行われたと書いたが、その情報は特に方角について90度の変更を余儀なくされている。これはどうしたことであろうか。伊都国自体が持っていた方角の誤りは考えにくく本来厳格に記述されるべきである。しかし、情報は書き換えられた。それはおそらく、「官」あるいは「公」の無謬性の問題である。もちろん陳寿にとって留意されるべき「無謬性」は我が国(中国)の無謬である。

 陳寿を含む当時の中国人にとって、「漢書」から続く「倭国は楽浪の海中、東南に延び、会稽東冶の東にある」という事実(当時の)は決して書き換えられるものではなかった。伊都国で収集した他国(倭国)の官の無謬より自国の官人の無謬を重視したのは当然であろう。果たして、この「官の無謬」に貫かれた地理観は、多少変容しながらも「旧唐書」まで引き継がれた。

 この問題は非常に難しい。末盧国から伊都国の方角が、いきなり「東南」と記述されていることからして理解不能であるが、仮説⑤が成立する裏には、洋の東西を問わず、古今を問わず、「官の無謬」を不可侵のものとする「思い込み」が貫かれているのだろう。

 ただ、この問題については明確な解答がないのだが、前述したように伊都国までの比定は確定的であることから、伊都国以遠の解釈に移る。

 ⑥奴国は福岡平野にあったものとし、その国邑は福岡市東区の香椎宮付近に比定する。理 由は伊都国から東北へ百里のところに位置し、後の儺県(なのあがた)と所在が近く、「名島」など「奴」を想起させる地名がある。博多湾に流入する川のうち最も流量があり、涸れにくいと思われる多々良川が至近にある。

 ⑦不弥国は福岡県宗像市付近に比定する。理由は奴国から北へ百里のところに位置し、地名の近似性はないが、前述した沖ノ島の祭祀から類推した。平成二十年に田熊石畑遺跡から発掘された銅剣などの形式が他の北部九州のものと相違することも沖ノ島との結びつき、ひいては大和王権との関連も考えられる。

 ⑧投馬国は関東南部の多磨地方に比定する。理由は不弥国から東へ水行二十日のところに位置し、地名の近似性がある。また、弥生時代の水田面積などの食糧生産やそれを支える大河などの地勢を考慮した場合、当時、五万戸(推定人口二十五万人)を擁する国が存在する可能性を持つ地域は北部九州、畿内、濃尾平野、関東平野に限定されるからである。

 この投馬国と邪馬台国の位置については従来から一つの問題が提起されてきた。それは前述の榎氏が提唱した「伊都国から先の放射式読み方」に対して、「女王国より以北はその戸数、道里を略載し得べくも、その余の旁国は、遠絶にして、詳らかにすることを得べからず」の記事が矛盾するという問題である。つまり、日向の都万に比定した投馬国の記事は戸数、道里が記されているが、記述どおりに解釈すれば、投馬国は御井(久留米市)に比定した女王国から以北の国にはあたらず、遠くにあるその余の旁国に含まれ、「詳らかにすることを得べからず」とされる国であるはずであるとして、その矛盾を指摘されたのである。

 このことが一因となって、北部九州にあった伊都国もしくは不弥国から見た場合、それが南方であれ東方であれ、投馬国を邪馬台国の外側に位置させることを拒み続けていたのかもしれない。しかし、この矛盾は本論においては充分に説明ができるものである。

 解釈上の見解としては、「其余旁国」の「其」は女王国以西の(記事では北だが)水行十日、あるいは陸行一月という瀬戸内海沿岸や山陰地方に当たる相当な範囲に存在した おそらく十カ国以上の国に加え、その前の文章で道里、戸数はもとより役職や行政機構まで言及した狗邪韓国から邪馬台国までの九カ国も当てはまるものであるという解釈も成り立つ。その場合、投馬国は邪馬台国より水行で東に十日も遠い国であり、すでに例外として「遠絶不可得詳」である国と区別されており、記事自体が矛盾するものではないと解することができる。

 また、「其」が女王国以西の国のみであるとの解釈が正しい場合、厳格に言えば記事と

 事実関係は矛盾するといわなければならないが、その矛盾は自分自身を陳寿や当時の中国人に置き換えてみればよく分かる。邪馬台国とそれに次ぐ大国である投馬国への行程記事を読めば、「水行二十日」の投馬国が「水行十日」の邪馬台国より二倍も遠いところにあることは誰にでも分かることである。その場合、投馬国の戸数、道里を記載したからといってわざわざそのことが特例だということを書く必要があるのだろうか。むしろ書かない可能性のほうが高いと考えざるを得ない。正史は名文であることを要求される。名文とは達意であることと「美」を兼ねてこそその評価を得るものであろう。分かりきったことをくどくどと書いた文章が名文と評価されるはずもなく、それは陳寿の本意ではないと考える。当の中国人には何の違和感もなく読むことが出来る一文であろう。

 ⑨邪馬台国は畿内大和に比定する。理由は不弥国から東へ水行十日のところに位置し、地名が(ヤマタイとは読まず、本来のヤマトだとすれば)近似している。当時の陸路を考慮した場合、瀬戸内海沿岸に沿った陸路の存在は可能性があり、一日あたりの歩行距離から推測して、一月で約650キロメートルの行程は不弥国~邪馬台国に当るものと思われる。大和・伊都国や大和・吉備間の往来は少なからずあり、律令制度下における山陽道の基礎になったものが存在していたと考えられる。

 王都は発掘調査が続けられている纒向遺跡が卑弥呼と同時代のものであれば、この遺跡をおいて他にはないと考えられる。

 ⑩狗奴国は濃尾平野にあったものとし、その王都は旧三重県桑名郡多度町に比定する。『倭人伝』には邪馬台国と長く戦争状態にあったと記されていることから、畿内大和と近接してなければならず、かつ、邪馬台国の東(記事は南)にあったと書かれていること、また、地名の近似性がみられること、食糧の大量生産を可能とする河川や平地に恵まれていたと推察でき、大国としての地勢を備えていることが理由である。なお、王都については後述する。

 ⑭「倭種国」は北海道に比定する。仮説⑤により方角は90度時計回りと逆に戻るので、「女王国の東」は「女王国の北」になり、「倭種の国」は津軽海峡を一日の航海で渡った北海道、「倭種」とは現在のアイヌ人の祖先で続縄文の生活を営んでいた人々と解釈する。

 ⑮侏儒国は北方四島及び付近の島の一つと比定する。理由は北海道(倭種国)の東にあって、女王卑弥呼の住む邪馬台国から四千里(魏晋朝里で1750キロメートル)にあると記されていることである。

 ⑯裸国、黒歯国は侏儒国からさらに東北に連なる北方四島や千島列島にあった島々と比定する。北海道、シベリヤ、北方諸島間での海洋交易が縄文時代から行われていたのは歴史的な事実であり、その航海が一年船行という記事も事実に基づいている可能性もある。

 ⑰「倭地」は本州最北端の青森県から九州最南端の鹿児島県までの範囲であり、その距離(魏晋朝里五千里は約2200キロメートル)は実航海を考慮すれば誤差の範囲である。

 以上のように、『倭人伝』の行程記事はすべて整合性を見せる。『倭人伝』の記事が極めて正確であったことが窺える。なお、⑬「女王国より以北は、特に一大率を置き」の記事は、従来の畿内説が主張するように「女王国の西」にある国は一大率に統治させていると解釈してよい。

七、狗奴国

 狗奴国は濃尾平野、伊勢平野を版図とする大国で、男王卑弥弓呼が執政した王都は旧桑名郡多度町付近と比定した。濃尾平野に狗奴国があったとする説は戦後になって唱えられ、今では畿内説の主流になりつつある。本論も、『倭人伝』に邪馬台国の東(記事では南)にあり、常に戦争状態であると書かれていることから、邪馬台国と狗奴国は隣接していたと考えるほかはなく、濃尾平野説は揺るがないと考える。

 邪馬台国が畿内大和であれば、玄界灘から瀬戸内海の海上ルートはすでに邪馬台国の統治下にあり、狗奴国との戦闘は海戦であった可能性は極めて低く、二国の戦争が陸上戦であったと考えられるが、その戦闘地域は自ずから条件が絞られる。 まず、二国が同じ平野で対峙していた可能性は極めて低いということである。なぜなら、三十カ国を統治する邪馬台国と狗奴国の戦力には相当の開きがあったと考えられるが、それにもかかわらず、『倭人伝』には「素より和せず」と記されているように長期戦の様相が見えるからである。さらに戦闘では決着がつかず、邪馬台国が魏に使者を送ってまでも狗奴国との調停を依頼していることを考慮すれば、二国が同じ平野にあって長い戦争を続けていたとは考えにくく、大きな山地を挟んで対峙していたと考えるほかはない。その場合、二国間に隘路のようなものがあるということが条件であろう。理由は紀伊山地や鈴鹿山地、九州山地や中国山地でもいえることだが、当時、大きな山地を貫いた軍用道路などはなく、そうした立地条件では戦闘そのものが行えなかったはずで、戦争状態にあるためには隘路のような戦闘可能な場所が存在したと考えるのが至当である。

 そこで考えられるのが、滋賀県と岐阜県の間にある関ヶ原の隘路である。関ヶ原が戦略上の要衝であることは歴史が証明している。1600年の関ヶ原の戦いや672年の壬申の乱は誰でも知っているが、近江を含むこの地で繰り広げられた覇権をかけた戦いは枚挙にいとまがない。二国はこの隘路で長い戦いを強いられたが、戦力で優位な立場の邪馬台国にとっても非常に困難な戦争であっただろう。邪馬台国軍からすれば、たとえ局地戦に勝利して敵陣深く攻め入ってもさらなる恐怖が待ち構えている。こじ開けたつもりの隘路を後方で塞がれたら袋の鼠である。全滅の憂き目を見ることになろう。

 それではと、退路を確保しようとすれば大変な兵力を必要とする。当時、軍事行動は農閑期に行われなければならず、濃尾平野深く侵入し、狗奴国を完全に屈服させることは不可能であったと推測する。兵站を維持できないのである。濃尾平野が持っている独特の懐深さとでも言えばいいのであろうか。

 ただ、当然ではあるが、狗奴国が邪馬台国に勝利することも不可能であった。これはもっと難しいことだったと思われる。二国はそのことを充分認識していたに違いなく、そのために邪馬台国は魏に使者を送り、魏の調停を請い、狗奴国はその調停を受け入れたと結論付ける。そして、このときに大和朝廷が成ったと考える。

 喉元に突きつけられた刃物のような狗奴国との和睦が成立し、中央を固めた邪馬台国は記紀や倭の五王の上表文に見られるように東へ西へと掃討戦を開始し、長い戦いを経て日本を統一したのである。

 次に狗奴国の王都の比定について述べたい。その王都は前述したように旧桑名郡多度町に比定した。まず、発音の近似性があり、『和名抄』にも記載されている古い地名である。

 未発掘の古代の王都や国邑を探ろうとするときは、その場所が備えておかなければならないいくつかの条件がある。理由を詳述すれば長くなるのでその結論だけを列挙する。(1)水上交通の要衝にあること。(2)行政上の利便性、軍事上の防御性を備えるために平野に面し、かつ、丘陵地など少し高いところに立地すること。(3)退路を確保するため、後背は深い山地につながっていること。(4)近くにその国の一宮クラスの延喜式内社があること。以上の四つであるが、狗奴国の王都に比定した桑名郡多度はその条件を見事なほど満たしている。

 旧多度町は濃尾平野と伊勢平野の境に位置し、鈴鹿山脈につながる養老山地の南端にあり、伊勢湾に流れ込む木曽川、長良川、揖斐川の三つの大河が扇のように集まったその要に位置している。まさに水上交通の要衝である。中心となる旧多度町役場は多度川と肱江川に挟まれた標高70メートルほどの丘陵の上にあり、近くに伊勢国二宮で延喜式内社、旧国幣大社の多度大社がある。これほど王都の条件を備えたところは濃尾平野にはない。

 関ヶ原から直線距離で30キロメートルほどだが、その地を実見すると、邪馬台国が攻め込むことができなかったことが容易に理解できる。

 その多度町の航空写真を見たときの衝撃は忘れられない。旧町役場が建つ丘陵を囲むようにして多度川と肱江川が合流し揖斐川に注いでいる。真上から見たら巨大環濠集落に見える。計測すると東西2.5キロ、南北1.5キロの広さがあるが、本当に環濠集落だとしたら奈良県の纏向遺跡より一回り大きい。多度川と肱江川の合流地点は巨大な池になっているが両川の堤防と併せてとても自然の造作とは思えない。どこかで人の手が加えられていると考え、桑名市中央図書館で調べたが、修復工事に関する記録は残っていたにもかかわらず築造に関する記録は残っていなかった。ただ、ある神事誌の記事に肱江川の流路が大きく変化していることが書かれていたが、その原因、時期(時代)については不明である。アマチュアのアドバンテージとして、桑名市の大環濠集落の存在を提起したい。(写真はヤフー地図から)

濃尾平野主要部
図3

旧多度町付近
図4

八、議論を喚起する

 固定観念の中で停滞したままの畿内説と奔放すぎるほどに変容していく九州説の間に意義のある議論は生まれない。それぞれが勝手に自説を述べ、議論はループするだけである。

 本論は、そうした現状を打開するための試みである。「水行の起点からは放射式に、陸行の起点からは連続式に」という新しい仮説を提起し、「女王国」の意味に新たな解釈を加え、『倭人伝』に記された行程を矛盾なく解釈することができたと確信している。砂上の楼閣のような、脆弱な論理的基盤に立つ従来の畿内説に取って代わる新説であると確信している。この新畿内説によって邪馬台国論争を喚起させることになれば望ましいことである。                             終

					最終更新 平成27年1月29日