全国邪馬台国連絡協議会 平成30年(2018年)スケジュール



		個人正会員は大会の全動画をネットで視聴できます(大会より後日、ビデオをネットで配信します)。
                   大会動画は正会員専用のメールマガジンからアクセスして下さい。
                   
          【注】:メールマガジンは、個人正会員へ毎月初に配信されます。




 第7回会員研究発表会の発表者・演題が決まりました。                               日時:平成30年2月3日(土)13:10-17:00  場所:豊島区生活産業プラザ6階会議室 ●発表者、演題、要約は以下の通りです。(発表順敬称略)  *木本博* : 「倭」の発音と地名      「倭」の字はほとんどの人が「ワ」と発音しています。しかし漢和辞典で「倭」を引くと、  漢音でも呉音でも「ワ」または「ヰ」です。「倭」の読みは本当に「ワ」でよいのでしょうか?   「倭」の発音を補正し、日本語の発音特性による変化を考慮すると、「倭」由来の地名  が各地に存在することが分かってきます。  *大下巌* : 魏の使節は徒歩組と船組に分かれていた  帯方郡を出発するときに徒歩と船に魏の使節が分かれていた、と考えると旅程記事が  解明できる。  *石井好* :  天照大御神は卑弥呼である   この論は既に安本美典氏によって発表されていますが彼の議論には証拠がありません。  わずかに天皇の年代から類推しただけで、その証拠がないのです。  わたしはその証拠を見つけました。確実な証拠をお持ちいたします。青柳種信の筑前族  風土記拾遺の下巻を調べればその証拠があったのです。おそらく考古学者もきずかない  でしょう。  *福島巖* : 倭人について   中国大陸の北方系の人は「漢人」、揚子江沿いの南方系が「倭人」です。  倭人は米作を携えてアジア各地に広く分布します。  その習慣やDNAから差異を説明します。  *神尾忠和*: 卑弥弓呼とは善射者の事です  韓国語の発音から解明すると、卑弥呼は弓の達人の意味がある。    *蓮沼啓介*: 饒速日の正体    饒速日のニギは古くはニキである。魏志倭人伝に「爾支」とある。伊都国の国王の名称  である。奴国には「爾支」は不在である。奴国王ハヤヒは権力闘争に破れて九州を去り  畿内平定に向かった。 全邪馬連ではHP上に『私の邪馬台国論』、『私の古代史論』を設け、会員の方々の研究成果を発表する場として 活用いただいておりますが、直接発表する場としても会員研究発表会を開催しています。 発表者には30分の持ち時間で講演していただき、さらにアンケートによって一番好評だった方には、 約100人集まる講演会で60分の講演をお願いしています。  3月25日(日)に講演会を開催します。詳細は2月のメルマガに記載します。 ……………………………………………………………………………………………… /本年もどうぞよろしくお願いいたします。/ /全邪馬連の活動を中心にお役に立つ情報をお伝えしていきます。/ /ご意見・ご要望など、遠慮なくお寄せ下さい。お待ちしております。/ 全国邪馬台国連絡協議会メディア委員会 委員長河原宏、斉藤弘昭、下枝広明、福島巌      問い合わせ先;uhh52172@nifty.com 河原宏
 第4回講演会・東京                              日 時:3月25日(日)13:20~ 会 場:豊島区生活産業プラザ3階大会議室 講 師:西川修一先生(神奈川県立旭高、神奈川県埋蔵文化財センター)     「列島東部における弥生~古墳時代の広域ネットワーク」     酒井正士氏(全邪馬連会員)「邪馬台国への路を推理する」  参加費:会員1,000円、一般1,500円 定 員:100名(先着順、直接会場にお越しください)
 第6回討論型研究発表会:2018年4月1日(日)                             テーマ:「神武東征は本当に有ったのか?」 開催日時:2018年4月1日(日)13:00~17:00        開催場所:港区立三田いきいきプラザ集合室A    この発表会では、神話シリーズとして、出雲の国譲り、神武東征、大和朝廷の成立期の出来事などをテーマとしています。 歴史学では疑問視されている記紀神話が実際にあったのか否かを問い、討論を行っていきます。  活発な論議・討論が行われるよう発表される方は、証拠となる事象を、文献、遺物・遺跡、古代地理、神社・伝承など さまざまな面から示していただきます。 論拠や推論についても、討論に耐える確実性が望まれます。又、邪馬台国論では、卑弥呼と神武東征の時期的な関連が問われておりますので、 時期についても述べられることを期待します。 発表の応募:2月20日(火)締め切り。会員に限ります(非会員が応募される場合は、個人会員として入会をお願い致します)。 要旨はA4で1頁(1800 字以内)にまとめて下さい。図・表・地図・写真などは、PDF でメールに別途、添付して下さい。 送り先:メールでinfo@zenyamaren.org 宛て。 発表者決定: 応募要旨を検討して、テーマに合致しているか、論拠に即しているか、既存の有力な説と相違など記されているかなど討論会に ふさわしいものかを考慮の上、選定し、HP 上およびメルマガにて公表します。 選考の結果、植田正弘氏、白崎勝氏、丸地三郎氏の3人が自説を展開します(3月1日決定)。         大会参加費:500円(会員、非会員とも)。非会員も奮ってご参加下さい。 ※この発表会では、歴史学では疑問視されている記紀神話が実際に有ったか否かを問い、討論を行っていきます。一般参加者も討論に          加わることが出来ます。激論になるかもしれません。
 第7回東京支部大会「金印真贋論争」:2018年5月12日(土)                             テーマ:「金印真贋論争」 開催日時:2018年5月12日(土)13:30~17:00(受付は13:00より) 開催場所:文化シャッターBXビル多目的ホール   講師:鈴木勉先生(工芸文化研究所所長)――にせもの説    安本美典先生(元産能大学教授)―――本物説 討論会 16:00~16:40(会場からの質問を受け付けます) 参加費:会員1,000円、一般1,500円、学生1,000円 定員:160名(先着順)
 2018年5月15日(火)、16日(水) 第2回古代史・神話ネットワークの集い in日留山高天原                                           主 催:古代史・神話ネットワーク(監事団体 山陰古代史研究会)         共 催:全国邪馬台国連絡協議会 中四国支部 第2回中四国大会           日 時:5月15日(火)1時~17時             研究発表・交流会 場 所:岡山県真庭市役所蒜山振興局大会議室             蒜山バイブルキャンプ(宿泊)         参加費:2,200円 (昼食代・資料代込み)         第1部 研究発表会         発表者 上島敬一 「文化と智識の吹き溜まり、中国山地」             松本典巳 「出雲と伯耆の国境周辺の大山道について」             蒜山高天原神話ロマンの会 「蒜山の昔話」             長 秋雄 「再考『蒜山(高原)高天原説」                     村岡信孝 「天孫降臨はなぜ行われたか?その理由と場所」             岡田善治  演題調整中         第2部 18:00~ 交流会(蒜山バイブルキャンプ) 会費3000円                  宿泊 蒜山バイブルキャンプ 宿泊料金5000円                     日 時:5月16日(水)9:30~(四ッ塚史跡公園周辺、蒜山郷土博物館)             ・田植え(手植え)体験(雨天決行)2時間程度             ・神舞楽(かむら)             ・蒜山郷土博物館散策                 ・参加費:600円 軽食付き         お問い合わせ:古代史・神話ネットワーク事務局 小椋 TEL:090-2802-8957                蒜山高天原神話ロマンの会 湯槇 TEL:090-7549-7849   最終更新 平成30年4月14日